体験談

年齢に合った化粧品を使う

若い頃は肌トラブルなどまったくなく健康的な肌を保てていたのに、年齢を重ね頬の位置が垂れたりシワが気になり出しはじめる人も多いのではないでしょうか。

若い頃の肌に戻るのは無謀なことですが、これ以上衰えないようにしたいなら、自分の肌を見直してみましょう。第1に変えたいのはお化粧品です。20代の頃に使っていたものをそのまま続行している人と年齢に合った化粧品を使う人では違うとよく聞きます。

美容PR:乾燥肌 化粧品 ランキング

自分の肌を知っているようで実は違かった、なんてこともよくあるのです。健康肌だと信じていたのに、知らずのうちに乾燥肌になっていたという例も珍しくありません。

年齢を重ねた肌はターンオーバーが乱れているので少し気を抜くと乾燥がひどくなり、ごわつきます。ごわつきは角質が蓄積されている証拠です。ただ、角質をしっかり取ると肌を乾燥させてしまうので、いきなりなくすのはむずかしいと言われています。毎日きちんとクレンジングをして洗顔をすること、これが大切なのです。

自分に合った正しいケアができていないと角質を蓄積させてしまうので要注意です。少しでも良くなるよう、クレンジングと洗顔料を一新して角質を溜めないケアを意識しましょう。

クレンジング、洗顔をしたあとは保湿も肝心です。ローションや美容液、クリームや乳液など何でもケチって少なめに使うのはNGです。たっぷり使いましょう。与えるときに手のひらで包み込むようにするのがポイントです。

脱毛PR:フレイアクリニック