体験談

しわの種類とケア方法

しわには種類が大きく分けて3つあります。表皮性のしわ(ちりめんジワ)、真皮性のしわ、表情しわです。それぞれできる原因やケア方法が異なりますので正しく知って毛穴 クレンジング ランキングでケアを行なっていきましょう。

まず表皮性のしわですが、これは目元などによく見られる薄く細かいしわのことです。別名、ちりめんジワとも言われています。このしわは主に乾燥が原因でできるしわです。そのため、保湿を徹底することで防ぐことができます。特に目元にできやすいため、アイクリームなどを使うと良いでしょう。

真皮性のしわは表皮性のしわよりも深く、目袋やほうれい線などぱっと見でわかるしわです。これは紫外線ダメージなどにより肌の真皮の繊維が切断され、張りや潤いが保たれない状態にできる深いしわです。

そのため、まずは紫外線ケアを徹底して行うことが大切です。また、表情筋を鍛えることで下垂してさらにしわが深くなるのを防ぐことができます。化粧品の力で良くなることは難しく、マッサージや表情筋トレーニングなどを行なってケアをしていくと良いです。

最後に表情しわですが、これはわかりやすくいうと常に眉間にしわを寄せていると普通にしていても眉間にしわが入ってしまったりすることを言います。そのため、まずは普段の自分の表情を気にしてみましょう。

もぎたて生スムージーで直せるところは直していきます。また、基本的には真皮性のしわと似ていてるため、表情筋を鍛えることで改善が見込めます。マッサージなども効果的です。マッサージを行う場合はしわが縦に入っていれば横に、横に入っていれば縦にマッサージするようにしましょう。

体験談

10代、20代の目立つ毛穴への対策方法。

年齢関係なく毛穴に悩む女性は多いはず。10代では、ニキビ肌での毛穴、鼻の毛穴。お金も知識も少ないので間違ったケアをしてしまいがち

ですよね。洗顔のし過ぎで脂が過剰に出てしまうことにより毛穴が大きくなってしまったり、毛穴パックなどによる刺激で大きくなってしまったり。10代で心掛けたいのは、正しいケア方法を知る事。まずは、顔をやたらと触らない事が1番。

洗顔でキレイにしても汚い手で触ってしまったら意味もないし、ニキビがある時や炎症がある時に汚い手で触ると悪化してしまう。後は、洗顔後の保湿。保湿なら保湿 化粧品 ランキング

油分の多い保湿剤ではなく、サッパリタイプがいい。ニキビやすぐに脂浮きする方はどうしても油分敬遠しがちで洗顔をやたらとしてしまっている。そうすると良い油分をも落とし乾燥によりさらに脂浮きが激しくなる。

10代では、お金をかけずに出来る正しいケア方法を親が教えてあげてほしい。20代は、自分で働き収入も得る事ができ、1番自分の為にお金を使えるので化粧品のランクも種類も贅沢に選ぶ事ができる。よって、20代はケアのし過ぎによる毛穴トラブルが増える。

20代では、引き算によるケア方法。まず、20代からは必ず日焼け止めの使用。これは基本中の基本。日焼けは肌の為には、百害あって一利無し。あと、質の良いクレンジングきちんと化粧を落とす事。

10代からの正しいケア方法を実践しつつ、身体の中身や生活習慣を整えていく。食べ物であったりきちんと睡眠をとったりすることにより美肌(シミトリー)は作られますよ。。

体験談

やっかいなシミも薄くなる秘策!?肌の水分量を上げる洗顔方法

なかなかとれないシミに困っている。
いつの間にか増えてきていろいろ対策をしてみるけれど
なかなか消えない。

オイルクレンジング、ピーリング、洗顔クリームなど
本当にそれで肌のためにいいと言えるのでしょうか。
シミもなくして、なおかつ肌の水分量も上げる方法はないものでしょうか。

洗顔はやり過ぎると?

いつも日常的に行っている洗顔。
人によってそれぞれやり方も、力の入れ方も違うのではないでしょうか。

しかし、洗顔はあまりやり過ぎてしまうと
肌のバリア機能である皮脂まで削ぎ落してしまうことになるのです。

更にそれを毎日行っていくと、常に潤いを保っている皮脂が足りなくなっていく為
過剰に皮脂を分泌することにつながってしまい、それにより乾燥やニキビなどの
肌トラブルを引き起こす原因を作ってしまうのです。

洗顔には、水の温度も関係してきます。
あまり熱すぎると肌に刺激を与えて悪影響なので
ぬるま湯で、ゴシゴシ強くこすらずにクレンジングを使う必要のない
ゲルタイプを使うことで優しく落とします。

朝も夜もしっかりやっていませんか

朝は何もつけずにぬるま湯だけにして、出来るだけ界面活性剤入りの洗顔フォーム等は避けることにより
肌に負担をかけないようにしなければなりません。

洗顔の基本は、肌にストレスがかからないような方法で行うようにすることです。
そうすることで、肌状態の改善、水分量の保持にも結びついてきます。
朝も夜もしっかりやるのは逆効果になってきます。

ピーリングなども小鼻や気になるところだけに使うようにとどめておき、目元や頬などの
肌の特に弱い部分は使うのを避けた方がいいです。

肌に潤いを閉じ込める洗顔方法

毛穴の奥の奥にある汚れを取ろうとして、あせって洗顔を行い
過度のクレンジングによって、肌の保湿成分まで落としてしまうこともあるでしょう。

まずは正しい洗顔方法を覚えないと、いつまでも肌の状態は改善されません。

一般的な洗顔のやり方は、クレンジングオイルで化粧を落とし
その後に洗顔フォームで泡を立てて、その後に優しくぬるま湯で洗い流すといった方法をやられている方が多いと思います。

しかし、このダブル洗顔こそが間違いなのです。
2回行うことによって、肌を摩擦する回数も増えてオイルも洗浄力が強力なために
肌に過剰に負担がかかってしまうので、乾燥肌や敏感肌の人には悪化の原因を作ってしまうことになるのです。

日差しが強い日にウォータブルーフなどの日焼け止めや化粧にいつもより力を入れた日には
クレンジングクリームの使い方に注意する必要があります。

それは、顔をあまりこすり過ぎないこと。
さらに、目の下や頬の乾燥しやすい所はなでるくらいでいいです。

量も少しずつではなく、500円玉の大きさくらいたっぷり取り
顔に伸ばしていき、30秒くらいの短時間で直ぐに洗い流してください。

その際に使うお湯は手にすくい、丁寧に洗っていきます。

これらのやり方に合わせて保湿重視の洗顔料を使用することでシミ、水分量の改善にもつながります。

温度は、人の体温くらいの30℃から35℃のものを使うことを推奨します。

私のおすすめのシミトリーも使ってみてくださいね。