体験談

年齢に合った化粧品を使う

若い頃は肌トラブルなどまったくなく健康的な肌を保てていたのに、年齢を重ね頬の位置が垂れたりシワが気になり出しはじめる人も多いのではないでしょうか。

若い頃の肌に戻るのは無謀なことですが、これ以上衰えないようにしたいなら、自分の肌を見直してみましょう。第1に変えたいのはお化粧品です。20代の頃に使っていたものをそのまま続行している人と年齢に合った化粧品を使う人では違うとよく聞きます。

美容PR:乾燥肌 化粧品 ランキング

自分の肌を知っているようで実は違かった、なんてこともよくあるのです。健康肌だと信じていたのに、知らずのうちに乾燥肌になっていたという例も珍しくありません。

年齢を重ねた肌はターンオーバーが乱れているので少し気を抜くと乾燥がひどくなり、ごわつきます。ごわつきは角質が蓄積されている証拠です。ただ、角質をしっかり取ると肌を乾燥させてしまうので、いきなりなくすのはむずかしいと言われています。毎日きちんとクレンジングをして洗顔をすること、これが大切なのです。

自分に合った正しいケアができていないと角質を蓄積させてしまうので要注意です。少しでも良くなるよう、クレンジングと洗顔料を一新して角質を溜めないケアを意識しましょう。

クレンジング、洗顔をしたあとは保湿も肝心です。ローションや美容液、クリームや乳液など何でもケチって少なめに使うのはNGです。たっぷり使いましょう。与えるときに手のひらで包み込むようにするのがポイントです。

脱毛PR:フレイアクリニック

体験談

毛穴にはどんな役割があるの?

すべすべのお肌を目指していろいろとスキンケアをしているのに、毛穴が目立ったり黒ずんだりして気分が下がってしまうことってありますよね。
「いっそのこと毛穴なんてなくなってしまえ!」と思っている人もいるかもしれませんが、毛穴は重要な役割を持っているのです。
ここでは、そんな毛穴の大切な役割を紹介しましょう。

■肌を守るバリア機能

まずひとつ目の役割が、肌を守るバリア機能です。
毛穴からは体内の老廃物を含んだ汗が排出されたり皮脂が分泌されています。
これらが混じることで皮脂膜を作り出します。
皮脂膜は肌内部の水分を逃さないだけでなく、外的刺激から肌を守るバリアとしての機能も持っています。
皮脂の分泌が多ければ汚れなどが付着しやすく肌トラブルが起こりやすいのですが、特に皮脂の分泌の多いTゾーンでもかぶれや湿疹が生じにくいとバリア機能は万全です。
ただし、皮脂が過剰に分泌されると角質が詰まってしまうためにニキビや脂漏性湿疹が発生していることもあります。

■体温調節機能

ふたつ目の役割は、体温調節機能です。
毛穴は単に穴が開いているだけでなく、体毛が生えています。
体毛は立毛筋とつながっており、寒い時や交感神経が優位になった時には収縮して体毛を立てたり毛穴を閉じますが、これは体温が逃げるのを抑制する働きです。
ただ、動物も同様の反応をするのですが、毛の多い動物ならこの反応は毛の隙間の空気が増えるので保温効果は高くなるのですが、体毛の少ない人間にはあまり効果はないといわれます。

また暑い時に汗をかくことで体温を下げようとするのは毛穴とは関係なく、表皮と直接つながるエックリン汗腺の働きによるものです。
体温調節機能としては、真皮の毛細血管を圧迫することで血流を抑え血液が冷え過ぎないようにする働きがあります。
錦糸町 安い 痩身エステ

■フェロモン機能

三つ目は、フェロモン機能です。
毛穴から体内の老廃物を汗とともに排出していると前述しましたが、毛穴にある汗腺はアポクリン汗腺という性ホルモンと深い関係のあるものです。
アクポリン腺から排出される分泌物はもともと無臭なのですが脂肪酸を含んでおり、それが空気に触れると酸化してニオイを発するようになります。
このニオイは腋臭症(ワキガ)の原因なのですが、適度なニオイであればフェロモン作用があるそうです。

クレンジングジェル おすすめ