体験談

やっかいなシミも薄くなる秘策!?肌の水分量を上げる洗顔方法

なかなかとれないシミに困っている。
いつの間にか増えてきていろいろ対策をしてみるけれど
なかなか消えない。

オイルクレンジング、ピーリング、洗顔クリームなど
本当にそれで肌のためにいいと言えるのでしょうか。
シミもなくして、なおかつ肌の水分量も上げる方法はないものでしょうか。

洗顔はやり過ぎると?

いつも日常的に行っている洗顔。
人によってそれぞれやり方も、力の入れ方も違うのではないでしょうか。

しかし、洗顔はあまりやり過ぎてしまうと
肌のバリア機能である皮脂まで削ぎ落してしまうことになるのです。

更にそれを毎日行っていくと、常に潤いを保っている皮脂が足りなくなっていく為
過剰に皮脂を分泌することにつながってしまい、それにより乾燥やニキビなどの
肌トラブルを引き起こす原因を作ってしまうのです。

洗顔には、水の温度も関係してきます。
あまり熱すぎると肌に刺激を与えて悪影響なので
ぬるま湯で、ゴシゴシ強くこすらずにクレンジングを使う必要のない
ゲルタイプを使うことで優しく落とします。

朝も夜もしっかりやっていませんか

朝は何もつけずにぬるま湯だけにして、出来るだけ界面活性剤入りの洗顔フォーム等は避けることにより
肌に負担をかけないようにしなければなりません。

洗顔の基本は、肌にストレスがかからないような方法で行うようにすることです。
そうすることで、肌状態の改善、水分量の保持にも結びついてきます。
朝も夜もしっかりやるのは逆効果になってきます。

ピーリングなども小鼻や気になるところだけに使うようにとどめておき、目元や頬などの
肌の特に弱い部分は使うのを避けた方がいいです。

肌に潤いを閉じ込める洗顔方法

毛穴の奥の奥にある汚れを取ろうとして、あせって洗顔を行い
過度のクレンジングによって、肌の保湿成分まで落としてしまうこともあるでしょう。

まずは正しい洗顔方法を覚えないと、いつまでも肌の状態は改善されません。

一般的な洗顔のやり方は、クレンジングオイルで化粧を落とし
その後に洗顔フォームで泡を立てて、その後に優しくぬるま湯で洗い流すといった方法をやられている方が多いと思います。

しかし、このダブル洗顔こそが間違いなのです。
2回行うことによって、肌を摩擦する回数も増えてオイルも洗浄力が強力なために
肌に過剰に負担がかかってしまうので、乾燥肌や敏感肌の人には悪化の原因を作ってしまうことになるのです。

日差しが強い日にウォータブルーフなどの日焼け止めや化粧にいつもより力を入れた日には
クレンジングクリームの使い方に注意する必要があります。

それは、顔をあまりこすり過ぎないこと。
さらに、目の下や頬の乾燥しやすい所はなでるくらいでいいです。

量も少しずつではなく、500円玉の大きさくらいたっぷり取り
顔に伸ばしていき、30秒くらいの短時間で直ぐに洗い流してください。

その際に使うお湯は手にすくい、丁寧に洗っていきます。

これらのやり方に合わせて保湿重視の洗顔料を使用することでシミ、水分量の改善にもつながります。

温度は、人の体温くらいの30℃から35℃のものを使うことを推奨します。

私のおすすめのシミトリーも使ってみてくださいね。